プロフィール

はじめまして、
まる」と申します。

 

何だコイツ??と思われるかもしれませんが
少しだけ自己紹介をさせてください。

 

私は現在、田舎の印刷会社で
編集や出版の仕事をしている
ごくごく平凡なOLです。

 

けれども、実はコッソリとネットビジネスで
毎月お給料の何倍ものお金
稼いじゃってます。

 

 

ウソでしょ!
そんなことあるはずがない!

 

と思われる方もいらっしゃるでしょうが
本当です(笑

 

事実、私はそのお金で
大好きなバッグを買ったり
親に旅行をプレゼントしたり

 

休日にはフラッと新幹線に乗って
遠くに住んでいる友人に会いに行ったり
一緒に食事をしたりもします。

 

 

私はこのお陰で会社の給料だけでは
到底買えないようなものも
平気で買っちゃったりしています。

 

どうして田舎の平凡なOLが
そんなことができるのか…

 

不思議に思われる方も
いらっしゃると思います。

 

私がコッソリ稼いじゃってるビジネス
それは、YouTubeアフィリエイトです。

 

 

 

え?それって稼げるの?
YouTuberって顔出しするから
会社にナイショって無理でしょ?
撮影しなきゃいけないから、大変だろうし…

 

そんな声が聞こえてきそうですが
心配いりません。

 

私がやっているYouTubeは
・顔出し
・声出し
など、全く不要!

 

しかも高価な撮影機材なども
一切必要がなく、

 

パソコンさえあれば、
完全に無料で出来ちゃうんです。

 

会社から帰って10分ほどで作った動画
毎日YouTubeにアップするだけ

 

後は放っておいても
毎月のお給料以上のお金が
自動的に入ってきます。

 

 

私が勤めているのは
田舎の小さな会社なので、
給料は決して高くありません。

 

YouTubeを始める前は、
雀の涙ほどのお給料を見て
ため息を付きながら、

 

せっせと貯金をしたり、
毎月の支払いに追われる日々でした。

 

 

今月も足りない…
○○を我慢すれば、ギリギリ何とかなるな…
そんな風に過ごしていました。

 

けれども、YouTubeアフィリエイトのお陰で
今ではお金の心配から解放された生活を
送ることができるようになりました。

 

お金の自由を手に入れたことで

私と同じように苦しんでいる人の
手助けになりたい…

そう思うようになりました。

 

お金の苦しみから解放されて
楽しみながら自由な時間を
共有したい。。。

 

それが今の私の目標です。

 

ジリ貧のピアノ講師

 

私は3歳の頃からピアノを始め
音楽大学へ進みました

 

将来はピアノの先生になる!

と決めていましたので、
少々の辛い練習なんて何のその。

 

とにかく練習に明け暮れる毎日でした。

 

 

けれども、音楽大学というのは授業料も高く
ごく普通の家庭だった我が家にとって、
その金額は
想像を遙かに超えるものでした。

 

しかもお金が掛かるのは在学中だけでなく、
それ以前からだったのです。

 

高校生になると同時に、
毎月東京へ日帰りでレッスンに通わなくてはなりませんでした。

 

交通費、レッスン料、楽譜代…

それこそ、家が一軒建つんじゃないか?
と思うくらい費用はかかりました。

 

それでも両親はイヤな顔ひとつせず、
私のために惜しみなく
お金を出してくれました。

 

何とか期待に応えたい…

その一心で苦しかった受験も
何とか乗り越え、
晴れて音大に入学。

 

その後、憧れていた
ピアノ講師への道へと進んだのです。

 

 

憧れのピアノ講師になれた喜びも束の間、
私は芸術の世界の厳しさを
思い知らされました。

 

どの世界でも同じでしょうが、
ピアノ講師の世界もピラミッド式。

 

夢に描いたピアノの先生は、
頂点付近にいる
ほんの一握りの実力者のみ。

 

少々ピアノが弾けて、
音大卒業しました程度の私は
底辺でジリ貧のピアノ講師でした。

 

表面上は華やかで優雅に見える世界でしたが
底辺にいたのでは生活もままならず、

やむを得ずアルバイトをしながら
何とか生計をたてていました。

 

生徒たちの前では、
そんな姿を見せるわけにもいかず

 

ギリギリの生活でも、
まるで余裕があるかのように
振る舞わなくてはなりません。

 

しかも、本来アルバイトなどもっての外、
そんな時間があるのなら、
日々練習をして腕を磨きなさいと
先輩方から叱られる毎日…

 

 

私は何のために
ピアノの先生になったんだろう…
自分が選んだ道は間違っていたのだろうか…

 

そんな風に悩みながらも、
地道に丁寧に指導することを心がけました。

 

やがて3年が過ぎる頃
ようやく周囲から認められるようになり

 

ピラミッドの下の方でも何とかピアノだけで
生計が立てられるようになりました。

 

「石の上にも三年」
これって本当なんだな…と強く感じました。

 

 

一声で会社を動かす存在に怯える日々

 

ピアノだけで生計を立てることが
出来るようになったのを機に
私は実家へ帰ることにしました。

 

田舎でも十分やっていける…
ピアノ講師として、僅かながら
自覚と自信がもてるようになったからです。

 

けれども、子供が少ない田舎では
生徒の確保が難しく、
段々と収入は減っていきました。

 

このままじゃ前と同じになってしまう…
仲間の先生方も限界を感じ、
次々と止めていきました。

 

両親に散々苦労を掛けて音大に入れてもらったのに、
止めてしまうのは余りにも申し訳ない…

 

そんな思いと葛藤しましたが
やはり生活の苦しさから解放されたい一心で

まったく畑違いの
現在の会社に入社しました。

 

 

私はパソコンも満足に使えないほどの初心者でしたが、
新しいことを覚えることは
とても刺激的で楽しい毎日でした。

 

失敗や苦労はありましたが、
何よりも嬉しかったのは
毎月一定額のお給料が頂けることでした。

 

安定した収入を得ることが
出来るようになった私は

 

今は新米だからお給料は少ないけれど、
頑張ってスキルを磨けば
きっと認めてもらえるはず!

 

そう思って、人がいやがる仕事も
率先してやるようにしました。

 

がむしゃらに働きながらも、
不穏な空気が社内に流れていることに
あるとき、ふと気づきました。

 

・いつも誰かの陰口を言う…
・同僚の容姿を小馬鹿にして笑う…
・洋服のセンスが悪いと声高にバカにする…
・お気に入りの営業の仕事だけをする…
・上司も社長すらも何でも言うことを聞く…
・自分を持ち上げない人間は排除する…

 

そう、どこの会社にもいるであろう
「お局様」が君臨していたのです。

 

 

人としてそんなことをが
許されるはずがない…

 

そう信じていた私は、彼女に
迎合することを拒み続けました。

 

すると、その矛先は、
容赦なく私に向けられました。

 

私、○○さんのこと嫌いだから、
私の目の前であの人と話さないでくれる?

 

あれ~、今日の洋服さー、
給湯室のタオルみたいじゃない?
見て来なよ~、ソックリだから…

 

会社の時計が古くなって正確でないので、
新しいのを買ってほしいと頼むと

えー?時計なんて誰も見ないじゃん!

その直後に、

社長に頼んでブーツ入れ買ってもらった~

と、自慢げに言いに来る…

 

いったいこの会社は、
この人は何なの?
これが当たり前なの?

 

そんな思いに駆られながらも、
逆らうことも出来ず、顔色を覗い、

 

ご機嫌取りのために
好みのお菓子や食べ物を買って上納する。

 

そんな毎日を送るしか
方法はありませんでした。

 

もうイヤだ…
頑張ってもお給料は上がらないし、
お局は何をするか分からない。

 

陰口を言われ、上司に呼び出され
言いがかりをつけられる日々。

 

毎日定時で帰るお局に対し、
残った仕事を一人で夜中までやる…

 

 

自分の時間など全く取ることが出来ず、
どんなに体調が悪くても、
這ってでも出社する。

休めるのは入院したときだけ…

 

見かねた両親から
お前は何のために生きているんだ?
もっと自分の人生を大切にしなさい。
そう何度も何度も言われました。

 

アフィリエイトとの出会い

 

私は何のために生きているんだろう…?

 

毎日仕事に明け暮れて、
最初は楽しかったはずなのに
気づけば年月だけが過ぎている…

 

遊びに行く余裕もないほど給料は少ない…
せめて、あと1万円でいいから
もう少しお金があったら…

 

そんなある日、
遊びに行くあてもなく、
何となくネットサーフィンをしていると

 

「ネットで月数十万円稼いで、
     家の新築費用に当てました」
「脱サラして、月収100万円稼いでます」
「少し頑張れば5万円くらいすぐ稼げます」

 

そんな夢のようなフレーズ
目に飛び込んできました。

 

本当かな?

 

半信半疑でしたが、
私はたった1万円でいいのに、
誰もが数万円は簡単だと言うのです。

 

数万円も収入が増えるなんて夢みたい…
数万円じゃなくていい、1万円でいいんだから
私にも出来るかもしれない…

 

それから、いろいろと調べていくうちに
とある教材に出合いました。

 

価格は2万円もしない教材でしたが、
頑張れば数万円はおろか、
何十万円も稼げるらしいのです。

 

当時の私にとっては高価な買い物でしたが
稼げるならと
清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しました。

 

ブログの教材でしたが、
当時、趣味で日記ブログを書いていたので、
出来るような気がしてなりませんでした。

 

鼻息を荒くしながら、
教材を見ては一人で実践しました。

 

毎日毎日、
少ない時間でしたが必死でやりました。

 

しかし。。。。。

 

途中から全く
分からなくなってしまったのです。

 

 

今の私なら、サポート宛にメールで質問して
何とか解決しようとしますが、

 

当時は質問することが恥ずかしくて、
分からないまま段々と
作業から遠ざかってしまいました。

 

忙しいから仕方ない…
もう少し時間が出来たらやろう…
もしかしたら、
今はアフィリエイトをやる時期じゃないのかも…

 

都合のいい言い訳を連ねながら
自分を正当化していました。

 

今考えると、本当にもったいないことだと
後悔しています。

 

やれば必ず成果が出たはずなに
何もしなかったのですから、
当然稼げるはずもありませんでした。

 

YouTubeに魅せられて

 

アフィリエイトなんて
やはり私には無理なのかも…と
諦めかけていました。

 

そんな時、私は大切なあること
気がつきました。

 

あれ?
みんな忙しいのに、
頑張って夜中までやっている…

 

もしかして私は
作業が出来ないんじゃなくて、
やらなかったんじゃない?

 

当たり前のことですが
その当たり前のことに気づいたことが
私にとっては大きな転機となりました。

 

 

そして私の人生を変えた、
YouTubeアフィリエイト
出合いました。

 

言い訳をして逃げてちゃ
何も変わらない…

今度こそ、
絶対に逃げないでやってみよう。

 

同じ失敗は繰り返さない…
そんな強い気持ちで、
毎日毎日動画を作っては投稿しました。

 

全く再生されない日々が続きましたが、
不思議と止めようとは思いませんでした。

 

ブログに比べたら
作業は圧倒的に簡単でしたし
何故だか、必ず出来ると信じていました。

 

体があまり丈夫でなかった私を心配した
両親から、何度も止めるように言われました。

 

私を心配してくれていることは
十分すぎるほど分かっていましたが
どうしても止めたくなかった私は

 

今やらなきゃ、何も変わらないの!
お願いだから1年だけ、黙って見てて!
必ずやり遂げるから。
お願いします!!!!

 

今考えると、本気で両親にぶつかったのは
この時が初めてだったのかもしれません。

 

そして3ヶ月後…
月収が1000円に!!!!!

 

 

え?たったの1000円??
多くの方はそう思われるでしょう。

 

毎日毎日睡眠時間を削って、
必死に3ヶ月やって、
それでたったの1000円か…

 

そう、たったの1000円です
でもね、飛び上がるほど嬉しかったのを
覚えています。

 

金額は少なくても、それは
間違いなく自分自身の力で稼いだお金
だったからです。
自分のスキルが上がった証拠だったんです。

 

ブログは途中で止めたけど
このまま続ければ、
もっと稼げるかもしれない…

 

不器用で、容量が悪い私でも
何とかなりそうな気がする…

 

何か確信めいたものを感じた瞬間でした。

 

それから半年間
毎日毎日、睡眠時間を削って
動画を作り続けました。

 

教材を見て、既に稼いでいる人の意見を聞き
セミナーがあれば
遠くても出かけていきました。

 

いろんなジャンルを試し
失敗しては新しいジャンルに挑戦しました。

 

やった方がいいと言われることは
片っ端から試しました。

 

言われた通りにできないことの方が
多かったけれど、

 

絶対に稼ぐ!
その思いだけで突っ走りました。

 

心配していた両親は
いつの間にか応援してくれるようになり
夜食を作ってくれる日もありました。

 

体力的にはキツかったので
会社の仕事は、少しだけ手を抜きました(笑

 

そんなある日のこと、
いつも通りチャンネルの動向を
チェックしていると…

 

あれ?
何だかいつもと違う…

 

再生数を示すグラフが
突然、垂直に上へ伸びていました。

 

なに?? これって…

 

そうです、ついに私にも
神様が微笑んでくれる日が来たのです。

 

その日を境に再生はぐんぐん伸び始め、
報酬も上がっていきました。

 

1000円だった報酬が
一気に6万円まで上がりました。

 

そして、2か月後には20万円
軽く突破することができました。

 

 

私は要領が悪いから…
なんて言っていたのに、

 

あっさりと20万円も稼げてしまったのです。

 

続ければ必ず結果が出る。

それを身をもって証明することが出来て
本当に嬉しかったです。

 

そして、20万円稼げたんだから
次は50万円稼ぐ!

 

そう自分に言い聞かせて、
動画を作り続けました。

 

この頃になると
毎日の作業が楽しくて
仕方ありませんでした。

 

途中、会社で精神的に追い詰められたり
さまざまな事がありましたが

 

2017年1月に月収60万円超え
達成することができました。

 

最後に

 

最初はたったの1000円でした。

 

1000円しか稼げなかったと思うか
1000円も稼げたと思うか…

 

ほんの少しの違いですが、
後に大きく差をつけることになります。

 

私は今でも1000円の喜びを
忘れたことはありません。

 

どんなに働いても、どんなに頑張っても
生活は苦しくなるばかり…

 

この先、AI技術が発達し仕事は減っていく…

給料も年金も当てにできない時代が
すぐそこまでやってきています。

 

それを考えたら、あの時
思い切って決断し行動して
本当に良かったと思っています。

 

 

私はまだ、あの会社に勤めています。

 

今でもお局様にイジメられたり、
嫌味を言われます。

 

でも不思議なことに
何をされても平気になりました。

 

 

高いお洋服を買ったと自慢されたり
私の洋服をバカにされても
悔しいとも思いません。

 

他人にした行為は、良いことも悪いことも
必ず自分に返ってくるんだから…

 

あんなに悔しくて辛かった仕打ちも
彼女なりの精一杯の自己表現だとしたら

 

取るに足りない、可愛いものだとさえ
思えるようになりました。

 

稼げるようになったことで
考え方や視点が変わったんだと思います。

 

それに、私の方が3倍以上も稼いでますし…

 

高い洋服を買って着飾るのもいいけど
もっと自分を高めるためにお金を使えば

3倍どころか10倍にだって
なれるんですから。

 

これからまだまだステージを上げるため
日々の努力は惜しみません。

 

気の合った仲間と楽しく過ごしながら
お金の心配もなく、更に進化できる。

 

こんな楽しい毎日が来るとは
夢にも思っていませんでした。

 

 

私にもできました。
きっと、貴方にもできます!

 

最後まで読んでくださっている貴方は
もう、成功への階段を上り始めていますよ。

 

最初は本当に小さな一歩ですが
それはやがて大きな幸せへと変化していきます。

 

何があっても諦めず、
正しい努力を積み重ねれば
必ず成功します。

 

私と一緒に、
成功への階段を上りましょう!

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。