他人と比べて悲観しないこと


 

こんにちは、まるです。

 

 

今回のマインドアップ講座は
「他人と比べて悲観しないこと」です。

 

 

条件が違うから比べても無駄

 

 

私はいつも、
「仲間を作りましょう」とか
「切磋琢磨できる仲間は大切」って
言ってますね。

 

 

当然大切ですよ。
自分一人では心が折れてしまうことも
仲間がいれば乗り越えられますから^^

 

 

でも、その反面
他人のことが羨ましかったり
他人より出来ないことがあると
自分はダメだ…と落ち込んだりしますね。

 

 

ついつい
人と自分を比べてしまう…
そして悲観してしまう…

 

 

でも、よ~く考えてみてください。

 

 

みんな、それぞれ条件が違うんです。
年齢、性別、職業…

 

 

同じ条件の人なんて
いませんよね?

 

 

作業できる量も時間帯も違うのに
比較するのって、
ちょっと変じゃないですか?

 

 

毎日10時間作業する人と
毎日1時間作業する人

 

 

単純に時間だけで
計れるわけではないですが

 

 

少なからず、
10時間作業した人の方が
結果が出るのが速いですね。

 

 

結果というゴールまでの距離を測るとすると、
他人と自分とでは条件が違いすぎて
正しく測れるわけないんですね。

 

 

過去の自分と比べてみよう

 

 

もしも正確に測れるとしたら
過去の自分と比べる方が
より正確ですね。

 

 

過去の自分なら条件はほぼ同じはず。
成果が出るまでを測ることができるとしたら
他人より自分自身の方が
正確に測れますね^^

 

 

1ヶ月前は1日1時間しか出来なかったけど
今は2時間できるようになった。

 

 

1日1動画しか作れなかったのが
3動画作れるようになった。

 

 

これは立派な成長ですね。

 

 

過去の自分と比べてみて
成長しているかを
意識するようにしましょう。

 

 

成長が見られたら褒める

 

 

少しでも成長が見られたら
自分を褒めてあげてください。

 

 

誰だって褒められれば
嬉しいものです。

 

 

自分で自分を褒めたって
良いと思いますよ。

 

 

っていうか、私はいつも
やってますから(笑

 

 

他人と比べて劣等感を抱くより
過去の自分と比べて
成長を実感してください。

 

 

嬉しいことがあると
人はやる気が出ます。

 

 

もっともっとと
欲が出てきます。

 

 

良い意味で貪欲に
前へ前へと進んでいきましょう。

 

 

まとめ

 

 

誰でも人と比べてしまいます。
すぐには直らないでしょう。

 

 

でも、少しずつ少しずつ
意識を変えてみてください。

 

 

いつも言いますが
意識を少し変えるだけで
見える世界が変わってきます。

 

 

他人と比べて卑屈になっても
何の得もありませんからね。

 

 

どうせなら、成長した自分を
褒めることで、モチベーションを
上げていきましょう。

 

 

ちょっとのことで
やる気が出ますからね^^

 

 

さてさて、今回はこれくらいで…

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です