努力不足が劣等感を生む


 

こんにちは、まるです。

 

今回のマインドアップ講座は
「努力不足が劣等感を生む」です。

 

 

 

劣等感を抱くとき

 

 

なかなか成果が出なかったり
思うように作業が出来なかったりすると
気分が落ち込んだりしますね。

 

 

同じようにやっているのに
あの人だけ成果が出た…

 

 

作業しろって言われても
出来る状態じゃない…

 

 

プラス思考でいたいと思っても
どんどんマイナスへ行くことがあります。

 

 

うらやましい…
悔しい…
どうして私だけ…

 

 

そんな思いは誰でも抱きます。

 

 

私だって例外なく抱きます(笑

 

 

だって人間だもの…(まるお

 

 

努力していないと後ろめたい気分に

 

 

そんな気分になった時
「いけない、いけない」
と元に戻す方法は簡単です。

 

 

なりたい自分をイメージして
淡々と努力すればいいだけ…

 

 

とにかく手を動かして
前へ前へと進めばいいんです。

 

 

結果は後から必ずついてきますから^^

 

 

でも、手を動かさないまま
他人を羨むばかりの人もいますね。

 

 

成果を出した人たちは
みんな努力をして試行錯誤して
時には苦しんで結果を出しています。

 

 

表面上の華やかな部分だけを見て
羨むだけで努力をすることを
忘れてしまう人もいます。

 

 

努力をしていない自分に気付いたとき
何だかとてつもない罪悪感を抱く…

 

 

これは私の体験ですね(笑

 

 

私は毎日忙しい、忙しい…
そう言い続けて努力をしませんでした。

 

 

周囲がどんどん成果を出す中
羨ましい気持ちと恨めしい気持ち…
何だか嫌な人間になった気がしましたね。

 

 

素直におめでとうが言えない…

 

 

私も頑張る!って言えない…

 

 

努力をしていないことで
後ろめたい、情けない
そんな風に考えました。

 

 

被害者意識へと変化する

 

 

人間ってスゴイですよ。

 

 

悪いのは努力していない私自身なのに
段々と自己防衛本能が働くんです。

 

 

悪いのは私じゃない…

 

 

仕事が忙しいんだから仕方ない…

 

 

周りの人は特別なんだから
私には無理…

 

 

次々に都合のいい
言葉や考えが浮かびます。

 

 

そして、出来ている人は
何か特別なノウハウを
手に入れてるんじゃないか…

 

 

ズルい…
私にも教えてくれれば
稼げるのに…

 

 

そんなことまで
考えてしまいます。

 

 

マジで嫌な人間ですね(笑

 

 

ここまでひどい人は少ないと思いますが
似たような考えや
体験をしている人もいるはず…

 

 

だからね、
分かるんです。

 

 

出来ない時の、稼げない時の
どうしようもない苦しい気持ちが…

 

 

手に取るように分かるんです。

 

 

だって今でも
自分の努力が足りない時
そんな思いになりますからね^^

 

 

まとめ

 

 

マイナスな考えや
被害者意識は
愚直に努力をしていれば
段々と消えていきます。

 

 

なぜなら、
少しずつ少しずつ
自分の中の変化に気付くからです。

 

 

自信がなくて、いつもオドオドしていた私が
今こうしていられるのは
その変化に気付いたからです。

 

 

私は決して特別な人間なんかじゃない…
むしろ、歩みの遅いカメです^^

 

 

ゆっくりでも
歩みを止めなければ
ほんの少しの努力を忘れなければ

 

 

必ず花は開きますよ。

 

 

さてさて、今回はこれくらいで…

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です