「頑張ります」はいらない


 

こんにちは

 

 

まるです

 

 

今回のマインドアップ講座は
「頑張ります」はいらない」です。

 

 

 

口先だけの頑張ります

 

 

私はいつも
「頑張ります!」
と口癖のように言っていました。

 

 

あるコミュニティーに入った時も
常に言い続けていました。

 

 

頑張ります
頑張ります
頑張ります

 

 

決して悪い言葉ではありませんね。

 

 

むしろ、自分の夢を叶えるために
頑張るんですから
いい言葉です。

 

 

でも、頑張りますと言い続けたけれど
私はそのコミュニティーで
結果を出すことが出来ませんでした。

 

 

頑張らなかったから…
ではないんですよね。

 

 

頑張ったんです。
自分なりに頑張ったんです。

 

 

結果が出なかったのは
タイミングが悪かったのかも
しれません。

 

 

でも、「頑張ります」と言う度に
いつも違和感を感じていました。

 

 

私が放つ「頑張ります」は
表面上だけの
薄っぺらい言葉に聞こえるんです。

 

 

テレビに出ているアイドルが
可愛い素振りで
「頑張りまーす!」
ってよく言ってますよね。

 

 

あんな風に聞こえてならなかったんです。

 

 

周囲がどんどん成果を出す中
私は成果を出すどころか
逆に落ちていくばかりでした。

 

 

私の「頑張ります」は
口先だけじゃない?

 

 

これって
本気じゃないよね。
本物じゃない…

 

 

頑張りますって言って
満足してるだけなんだ…

 

 

気付くのが遅かったので
私の報酬はすでに
どん底まで落ちていました。

 

 

本気を出すということ

 

 

本気で何かをやっている時
死に物狂いでやっている時

 

 

そんな時って
言葉なんて出ませんよね。

 

 

時間を忘れて
何かに夢中になっているときに
薄っぺらい
「頑張ります」なんて出るはずがない。

 

 

私はあの時
心のどこかで慢心していたんです。

 

 

これくらいのこと
できるだろうと少し天狗に
なっていたのかも知れません。

 

 

それに気付いたとき
私は「頑張ります」という言葉を
止めることにしました。

 

 

「頑張ります」を止めて
「やり遂げます」に変えました。

 

 

言葉を変えたから
変わるというわけではないけれど

 

 

明らかに意気込みは変わって来ますね。

 

 

必ずやり遂げる
何があっても…

 

 

私の中で、少しずつ
何かが変わり始めたのも事実です。

 

 

まとめ

 

 

頑張ること
頑張りますと言うこと

 

 

それは決して悪いことではありません。

 

 

問題は
その言葉をいかに深く刻んでいるかなんですね。

 

 

表面上の形だけの言葉をいくら重ねても
何の変化も起きないでしょう。

 

 

そんな軽い言葉を吐くぐらいなら
何も言わず、ただ淡々と
やるべきことをやった方がいいですね。

 

 

言葉には力があります。

 

 

言霊という言葉を聞いたことがあるでしょう?

 

 

どれだけ真剣なのか
その人の言葉で分かります。

 

 

薄っぺらい「頑張ります」なんて
いりません。

 

 

あなたの本気の「頑張ります」で
しっかりと成果を出してくださいね。

 

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です