【YouTube】効果的な再生リストの使い方


こんにちは、まるです。

 

今回は、
効果的な再生リストの使い方
について解説していきますね。

 

再生リストの作り方が
分からないよ~
って方は

まず、この動画を見てくださいね。

 

 

この記事の解説はこちら

【YouTube】再生リストの作り方

 

再生リストは
チャンネルを伸ばすための
重要な役割をしてくれます。

 

これを知っているか知らないかで
随分変わってきますので
出来ることはしっかりやっておきましょう。

 

こちらの動画で解説していますので
見てくださいね。

 

 

本当はスゴイ再生リスト

 

再生リストは動画を整理するためのもの…
前回はそうお伝えしましたね。

 

確かにそれは間違いではないんですが…

 

何度も言いますが
私たちはYouTubeで稼ぐのが
目的なわけです。

 

ということは、
再生を集めることが
必要なんですね。

 

けれども、
どんなにいい動画を作っても
新しいチャンネルは
パワーが弱いんですね。

 

パワーが弱い=再生されにくい

 

こんな公式が出来ちゃうわけです。

 

そこで、再生リストの出番です!

 

おぼえていますか?
再生リストは他のチャンネルの動画を
入れることができるんですよね。

 

つまり…

 

メチャメチャ再生されている動画
自分の再生リストに
入れることができるわけです。

 

ふぅ~ん。。。
だから??

 

って考えちゃった方
ついてきてくださいね。

 

はい、ここ重要です(笑
(金八先生風)

 

 

他のチャンネルの力を借りる

 

えーと、
皆さんついてきてますか?

 

では、いきますよー。

 

つまりですね、
作りたてのチャンネルは
パワーが弱くて再生されにくい。

 

パワーが弱いと関連動画にも
載りにくいわけです。

 

パワーが付くまで
ただひたすらに待ち続けたのでは
時間がもったいない!!!

 

というわけで
再生を集めるための
再生リストを作りましょう。

 

やっと本題(笑

 

では、作り方を説明しますね。

 

再生リストに入れる動画数は
多いほどいいんですが
10本以上入れましょう。

自分のチャンネルの
コンセプトにあった
他のチャンネルの動画を1番目にいれる。

 

2番目に自分の動画
3番目以降は他チャンネルの動画を入れる。

 

イメージできましたか?

 

つまり、
同じコンセプトの再生されている動画に
自分の動画を混ぜておくんです。

 

そうすれば、
再生されている動画に続いて
自然に自分の動画が再生される
というわけです。

 

他のチャンネルパワーを借りて
手っ取り早く
自分のチャンネルパワーを
上げていきましょう。

 

ポイントは2つ

 

再生リスト戦略の
ポイントは2つだけです。

 

1つは
再生リストのタイトルは
サジェストキーワードを使う

 

YouTubeのサジェストキーワードを
盛り込んだ再生リスト名にしてくださいね。

 

例えば
「感動する話 実話」
というサジェストキーワードが
あったとしたら

 

「感動する実話集」とか
「感動する話 実話編」
っていう感じで、
できるだけ順番はそのままの方が
いいですね。

 

2つ目のポイントは
自分の動画を2番目に入れる

 

1番目に再生されている動画を
入れることで引き続き自分の動画が
見られるという流れです。

 

自分の動画は
最初は1動画で十分だと思います。

 

こういった再生リストを
複数作ります。

 

そうすることで
チャンネルの伸びも変わってきます。

 

自分のチャンネル内で
再生される動画が増えていくと
次は自分のチャンネルの動画だけの
再生リストを作りましょう。

 

まとめ

 

今回は、再生リストを使って
自分のチャンネルを伸ばす方法を
お伝えしました。

 

再生リストは
これ以外にもまだまだ
活用法はあるので
まずは簡単なところから
やってみてくださいね。

 

最初から難しく考えないで
サクッとやってみましょう。

 

ダメなら作り直せばいいだけです^^

 

まずはやってみましょうね。

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です