【YouTube】カスタムサムネイルの作り方


 

こんにちは、まるです。

 

 

今回は
「カスタムサムネイルの作り方」について
解説していきますね。

 

 

前回のエンドカード同様
今回もPhotoshopを使って作っています。

 

私は最新のバージョンを使っていますが
cs2というバージョンなら無料ですし
慣れたらホントに便利なので
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

画像編集ソフトはどれがいい?

 

 

サムネイルを作るには
画像編集ソフトが必要ですね。

 

 

無料だと
フォトスケープか
GINPを使っている人が
多いみたいですね。

 

 

・フォトスケープ
https://photoscape-free.softonic.jp/

 

・GINP
https://gimp.softonic.jp

 

 

確かに無料でも高機能なものはたくさんありますね。

 

 

ただ、無料のものにはサポートが付いていないので
何か不具合があっても自己責任になっちゃうんですね。
突然、使えなくなることもありますしね。

 

 

一見、有料ソフトは高いからと
敬遠されがちですが
長い目で見ると安心して使えるので
私はPhotoshopを使っています。

 

 

元々仕事で使っていたので
なれているといのもありますが…

 

 

使えるようになると
様々な面で生かすことができるので
興味のある方は試してみてください。

 

 

Photoshop使えるってだけで
「スゴイですね」とか
言われたりします(笑

 

 

読みやすさに注意しよう

 

 

サムネイルを作るときに注意することは
いろいろあるんですが、

 

 

まずは読みやすいフォント(書体)を
使いましょう。

 

 

作っているときは画面を拡大して
作るので分かりづらいんですけど

 

 

最近はスマホで見る人が多くなっています。
スマホで表示したときに
文字が全く読めない!!!
なんてことにならないように気を付けましょう。

 

 

作ったらスマホサイズまで
画面を縮小してみるといいですね。

 

 

全然読めない~
ってこともあるので
チェックしてしてみてくださいね。

 

 

あとは、
チャンネルのコンセプトに合った
フォント(書体)を使うと
伝わりやすいですね。

 

 

例えばこれ↓

 

 

 

 

 

これは以前私がやっていた
怖い話のチャンネルなんですが

 

 

少し読みづらさはあっても
怖い話と分かりますよね。

 

 

チャンネルのコンセプトにあった
書体を使うと視聴者に伝わりやすいので
やってみてください。

 

 

フリーフォントで検索すると
意外にたくさんありますよ(^.^)

 

 

インパクトは大切

 

サムネイルに使える文字数は
限られていますね。

 

 

少ない文字で
視聴者の目を引くには
インパクトが大切です。

 

 

サムネイルを見る時間は
約1秒です。

 

1秒で視聴者に
「えっ!!!」っと
思わせるワードが大切になります。

 

 

いわゆる
「インパクトキーワード」
ですね。

 

 

これはリサーチして
自分でインパクトキーワードを
集める必要がありますが

 

 

最初のうちは
他のサムネイルをマネて
作るといいですね。

 

 

まずは真似ることから
始めましょう。

 

 

学ぶことは真似ることですからね。

 

 

まとめ

 

 

今回はサムネイルの作り方について
解説しました。

 

 

サムネイルは動画の表紙です。

 

 

サムネイルの良し悪しで
動画の再生数も
格段に変わってきますので
手を抜かずにやりましょう。

 

 

正直言って
最初は動画のクオリティーより
サムネイルの方が大切だったりします(笑

 

 

Photoshopがどうしても
わからない!って方は
LINE@かコメント入れといてくださいね。

 

 

お悩み相談も
受けるかもしれないので…

 

 

では今回はこれくらいで…

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です