【YouTube】リサーチの方法(超初級編)


こんにちは、まるです。

 

今回は
YouTubeのリサーチについてです。

 

まずはリサーチの入口(初級編)から
やってみましょう。

 

動画で解説していますので
まずは動画を見て全体の流れを
知っておきましょう。

 

リサーチは苦手!

 

リサーチと聞いただけで
・難しそう
・苦手
・どうしたらいいか分からない

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

でもYouTubeでは
リサーチが命
と言っても過言ではありません。

 

と、エラそうに言っていますが
私自身もリサーチは
苦手でした(笑

 

やらなくちゃ!
っていう気持ちばかりで
出来ていなかったんですよね。

 

リサーチ苦手意識丸出しの私が
どうやって普段リサーチをしているか
チョコっとだけお教えしますね^^

 

 

気になるワードを探そう

 

リサーチをしなくちゃ…
リサーチをしなくちゃ…
リサーチをしなくちゃ…

 

そんな感じで肩に力を入れていると
本来見えるものも
見えなくなっちゃいます^^

 

これ、実は以前の私なんです(笑

 

そこで、まずやったことは
YouTubeサーフィンです。

 

ネットサーフィンを
YouTubeでやったんですね。

 

一見遊んでいるみたいですが
目的意識をもってやること
大切です。

 

次は
検索窓に気になるワード
打ち込んでみました。

 

どんなワードの動画やジャンルが多いか
気になるものは片っ端から
検索してみました。

 

ちょっと遠回りで効率悪そうですが
こんな地道な作業も必要なんですよね。

 

検索されているワードや
再生されている動画のタイトルから
「自分のワード集」
作ってみました。

 

これ、結構オススメですよ^^

 

そういったワードを集めた本も
出版されているので
活用してみてください。

 

 

ルーツを知ろう

 

いろんなチャンネルを見ていくと
やってみたいと思えるチャンネルに
出会います。

 

私たちはYouTubeで稼ぐことが
最初の目的ですから
いくらやってみたいとはいえ
稼いでいないチャンネルを
リサーチしてもダメですよ。

 

上げて間もない動画の再生数が多い
チャンネル登録者が多い
チャンネル全体の総再生回数が多い

 

この条件をクリアしているチャンネルは
ほぼ稼いでいるはずです。

 

もちろん、収益化をしていることが
前提ですけどね。

 

そんな目標やお手本にするチャンネルを
モデリングチャンネルと言います。

 

モデリングチャンネルは
複数見つけておきましょう。

 

いつ頃チャンネルを立ち上げたのか
最初の頃の再生数はどれくらいだったか

 

こんな視点で見ていくのですが

 

今回はリサーチの超入門編なので
この先は別で説明しますね。

 

すでに、オーバーヒートしちゃってる人が
いるかもしれないので(笑

 

 

まとめ

 

今回は、リサーチの超入門編でしたが
どうだったでしょう?

 

まだまだ苦手意識が抜けない…
そんな方も多いかもですね。

 

そんな方は最初は軽い気持ちで
YouTubeサーフィンをしてみましょう。

 

案ずるより産むが易し

 

っていうくらいですから、
まずはやってみることですね^^

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です