イラっとしました


こんばんは、まるです。
今日もありがとうございます^^

 

あっという間に7月ですね。
1年の半分が過ぎちゃいました。

今年の目標は達成できてますか?

 

なんて、エラそうに言ってますが
私もいろいろやり過ぎて
正直、体が3つ欲しいです(笑

 

でも、やりたいことだけやってるので
ストレスはないですよ^^

 

私はこう見えて、結構ビビりなので
人間関係のストレスって
ハンパないですから。

 

そんなビビりの私ですが
たま~にイラっとする時があります(笑

ホントたま~にです。

 

なんでイラっとしたかというと
昨日、久しぶりに病院へ行って
検診を受けてきたんですね。

で、自分の順番を待っている時の話。

 

1人のお年寄りが受付で
何やらお願い事をしているわけです。

しかもメッチャ低姿勢で
申し訳なさそうに…

 

その方に対する受付の方の態度が

「え?」

「だからー!〇〇ってことでしょ!」

「はいはい、え?なに?」

 

笑顔一つなく
きつーい言葉の連続…

 

お年寄りはずーっと

「勝手ばかり言って申し訳ありません」

「自分の都合ばかりでスミマセン」

そんな風に謝ってるんです。

 

え??
おかしくない???

 

無性に腹立たしいというか
イラっとしました。

 

受付の人の気持ちも分かるんですよ。

いろんな人が次々に来て
あーだこーだ言うと

「もう! いい加減にしてよ!」

そんな気持ちになると
思うんですよね。

 

でも、言い換えたら
それが自分のやるべき
仕事なんじゃないの?

 

正直、病院のシステムとか
手続きに詳しい患者なんて
いるはずないじゃないですか。

 

それをサポートするのが
受付だったりスタッフだと
思うんですよね。

 

笑顔もなく上から目線で
きつい言葉で対応するって
プロとしてどうなん???

 

自分のことではないけど
無性にイラっとしました。

 

でも、ちょっと自分に置き換えて
考えてみたんですよ。

私も同じこと
やってるんじゃないかな…

すでにやってきたのかも
しれないな…

 

思い返せば
そんな態度をとったことも
あるような気がする…

 

どんな仕事でも
始めたらプロなんですよ。

キャリアとか関係なく
プロなんです。

 

その「プロ意識」って
すごく大切だと思うんです。

 

例えば
YouTubeを始めたばかりで
なかなか上手くいかない時も
あると思うんですね。

 

そんな時
プロ意識を持っていないと

「なんだ、稼げないじゃん」
そういって別のノウハウに手を出す。

 

本気で取り組む
「プロ意識」が無いと
結局何をやっても稼げないんです。

 

嫌なことや難しいこと
トラブルがあったとしても

心に「プロ意識」をもって
続けていれば突破口は
見えてきます。

 

自分のやるべきことを
ブレずにやり続ける。

そんな「プロ意識」を
改めて思い返すことが
できました。

ではまた^^

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です