「まるが覚醒した瞬間」


こんにちは、まるです。

 

今日からLINE登録者さんだけに
「まるのほんわかアフィリ日記」を
お届けしますね。

 

私の日々の生活や思ったことを
お伝えできればいいな…
なんて思ってます。

 

さて第1回の今回は
「まるが覚醒した瞬間」
というお話です。

 

皆さんもご存知の通り
最初の頃の私は寝てばかりw

 

何だか、寝てるキャラが
定着しつつありますねー。

 

まぁ、事実なので仕方ないですね。
今でも寝るのは大好きです^^

 

そんな私が覚醒したきっかけは
テレビドラマのセリフでした。

 

「流星ワゴン」っていう
ドラマがあったんです。

 

主演の西島秀俊さんが運転する車に
なぜか幽霊の親子が乗ってきて
過去を旅するっていう
不思議なドラマでした。

 

ドラマの内容はさておき

そのドラマの中で
小さな男の子が必死で
逆上がりの練習をするんですが

 

何時間練習しても
できるようにはなりません。

 

その子、実は幽霊で
生きている内に出来なかったことは
死んでしまった今、
どんなに練習しても出来ない…

そんな話でした。

 

当然やってもやっても
できないので諦めかけた時

傍で必死に教えていた
香川照之さんがこう言うんです。

 

諦めるんか? 諦めるんか?

いいか、よく聞けよ。

この世の中には
何かを「成し遂げる人間」と
そうでない人間の二つしかないんじゃ!

おまえはどっちなんじゃ?

成し遂げるんか?諦めるんか?
どっちになりたいんじゃ!

 

広島弁で喋ってたんで
こんな感じでした(笑

 

諦めずに頑張り続けた結果…
絶対に出来ないはずの
逆上がりが出来るようになったんです!

 

ドラマの話ですからね。
作り話と言われたら
それまでなんですが…

 

でも、グサッと刺さった
セリフでしたね。

 

ろくに作業もせず
疲れたと言い訳をして
横になってテレビを見る毎日。

こんなことで稼げるはずがない。

 

成し遂げる人間とそうでない人間。

二つしかないなら
私は成し遂げる人間になりたい!

 

そんな風に強く思ったんです。

 

泣いても笑っても
一度きりの人生。

 

ここで頑張らなきゃ
一生変われないんだ!

 

もう終わりにしよう…
逃げるのはもう…

 

決して言い訳はしない。
稼ぐまでは決して…

 

そう心に誓ったのを
覚えています。

 

そして継続した結果
今の私がいます。

 

きっかけなんて、実は
どこにでもあるんですよね。

 

要はそれに気づくかどうかです。
小さなきっかけを
逃さないようにしてくださいね。

 

今日のお話は
「まるが覚醒した瞬間」でした。

 

私との出会いが
皆さんのきっかけになれば
嬉しいなーと思っています。

では、今回はこれくらいで^^

 

P.S.

LINEマガジンに返信を下さった方には
特別に音声で返信していますので
ぜひ感想などをお寄せくださいね。

 



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です